ラインアナリシス(骨格診断)について

今回は、ラインアナリシスについて。

『ラインアナリシス』という言葉を初めて聞く方も多いはず。

多くの方が知ってる骨格診断は、『ストレート』『ウェーブ』『ナチュラル』に分類するものだと思います。

分かりにくいので、上記の骨格診断(ストレート・ナチュラル・ウェーブ)をここではA骨格診断としますね。

A骨格診断は、骨付きや肉付き、胸の位置や、身体の全体的なバランスを見て3タイプに分類します。

骨が太く目立ちやすく骨格がしっかりしている人はナチュラル、骨も目立たず下半身に肉が付きやすい人がウェーブ、上半身がしっかりとしている人はストレート。の様な分類方法ですね。

いろは-彩晴-で行う骨格診断(ラインアナリシス)は、肉感や骨の太さ身体の厚み(上半身と下半身のどちらがボリュームがあるか)は一切関係なく

顔と身体のライン(身体の1番外側のライン)で分析します。

顔で3タイプに分類、身体も3タイプに分類し、

その人が持って生まれた姿に最も調和する洋服の形、デザイン、柄、アクセサリー、帽子等をご提案します。

文章で書くと分かりづらいですが、写真で比べると分かりやすいです。

モデルさんなので、どんな洋服でも着こなす技をお持ちのはずですが

それでも、自分の身体(ライン)に合った形や素材をお召しになられた方が、断然調和して素敵です^^

4枚のうち、上2枚はモデルさんには似合いづらいお洋服。

一方した2枚は、モデルさんの骨格に合っていて、スッキリと調和してキレイに見えます。

4枚の中で最も調和しているのは左下の黒いワンピース(この方は襟があった方が〇)

こんな風に写真で比べると分かりやすいですよね。

きっとあなたにも経験があるはずです。

ウエストは絞ってる方がキレイに見えるな。とか

パーマよりストレートの方が似合うな。とか

メガネは大きいサイズの方が似合ってるな。とか

トライ&エラーを繰り返しながら、何となく掴んでいる『自分に似合うもの』

たくさん挑戦して、失敗してきた人には自ずと身に付いていることです。

それでも、、、

自信がない。

後押しが欲しい。

そんな方も。

いや、そもそも自分に似合うものが分からない。

そんな方にも。