おすすめ!乾燥肌対策

こんにちは。いろは-彩晴-です。

本日は、サロンとは全く関係のないブログですが、私が実際に試してみて良かったので、ご紹介します^^

身体全身の乾燥対策に!

ホンマでっか!で紹介されていた『昆布風呂』の効果がとっても良かったので、作り方をご紹介します。

どうして昆布が乾燥対策に効果があるの?

  • 昆布には豊富なミネラルが含まれており、水道水の肌への刺激を和らげてくれる!
  • 昆布のネバネバ成分には保水効果がある!

この2点が、肌の乾燥を和らげてくれる昆布の魅力なんだそう。

冬になると毎年私のスネや腕はカサカサ粉をふいていますが、今年の冬はこの昆布風呂のおかげでボディークリーム無しで過ごせています^^

コスパも良いので気になる方は試してみて下さい♪

~昆布風呂の作り方~

①ダシ昆布を準備します。

※お鍋のダシをとったあとの昆布でも良いけれど、新しい昆布の方が効果はあるみたいです。

②10㎝×10㎝の昆布を2㎝くらいの大きさに切ります。

※細かくした方が多く成分が出やすいそうです。

③お茶パックへ入れてお風呂へ投入!

※20分~30分で、ネバネバ成分が出てくるそうなので、お湯を溜める時点で入れておくと良いと思います!

たったコレだけ。しかも1週間に1回くらいの頻度で良いそうなので、楽して乾燥対策をしたい方にはピッタリ!だと思います^^

『なんかスネが痒いな・・・』と感じた時は、前回の昆布風呂から10日経っていたりしますが、また昆布風呂に浸かると不思議と痒みは治まるので、オススメです☆

臭いや痒みはないの?

昆布が入ったお茶パックを直接匂わない限り、昆布の匂いは気になりませんよ。

※でも、1度は直接お茶パックを匂ってほしいです!お鍋の具になった気分が味わえます(笑)

また、ヒリヒリしたり、痒みもないので安心して浸かれます。

ちなみに私は、お茶パックで肌を撫でる様に、昆布エキスを肌に直塗りしますが、それでも痒みを感じたことはありませんよ。

ローションを塗ったような感覚も私にはツボです!!

※ただ、お風呂からあがる前にシャワーで洗い流しているので、そのひと手間は必要だと思います☆

乾燥しすぎて痒い~!とお困りの方の肌が昆布風呂でしっとりしますように^^