メイクの色選びはやっぱり大切

パーソナルカラーを学びはじめて6年。

色って複雑で奥深いなーと感じる。

メイクの色味は特にそう思う。

ちょっと青みが強いだけで、ミュージカルに出る人みたいになったり

ラメなのかパールなのかで、おばさん感が増したり

サマーだからサマー色を使っとけばいいやー!!

なんて単純なことじゃないと、ヒシヒシ感じます。

まだまだ勉強も経験も足りないーと感じるなら

勉強すればいい!!

経験を積めばいいのです。

学びながら実際にメイクの色の選び方を教えてもらいに。

色のスペシャリスト亜記先生と。

目から血が出るかも…と思う程、たくさんのメイクの色を見ながら

『確かにスプリング色だけど、実際はほぼ使えないよー』

『このリップはサマーソフトも、サマーライトもいけるから、2本を混ぜながらベストの色に仕上げて』

など、経験値が違う亜記さんに多くのことを教えてもらいながら

必死に目に焼き付けます。

『メイクの色なんて無限に作れるんだよー』

『でも、その中で使える色って本当に少しだけ』

『その色を選べるようになると、満足度は高まるよね』

と。

はい!その通りだなー。と

買ったけど、思ったより使えない色って結構ありますよね。

リップなんて1本使い切ったことない色が必ずあるはずです。

ちなみに、これはアルマーニのリップの色展開。

こんなに沢山の色がある中で、唇の色素やパーソナルカラーと組み合わせながら色を探すなんて

至難の業ですよね(笑)

何本か買って試せばいいやー!!と1本4~5千円するリップを何本も買っても

無駄になるのが分かってるから、それはもったいない。

こんな色展開がある中で、使える!!と亜記さんが選んだリップは、たったの2本。

『えぇーーーー( ;∀;)』ですよね。

毎シーズンの様に新色が発売されるメイク用品。

その中で、本当に自分が使える色を選ぶには、たくさんの経験と失敗が必要です。

でも、その失敗の数を減らすことができれば、もっと早く『統一感のあるキレイさ』にたどり着くことができるのです。

アイシャドウも同じこと。

こんなに沢山の色展開があっても、『色は無限に作れるからねー。使える色選ばなきゃだめだよー』

なんです^^

亜記先生にみっちり教えて頂きながら、選び抜いた戦利品。

さぁ、色を味方にして益々キレイになろうー^^